プロフィール

takanori

Author:takanori
はにわや工房へようこそ!
はにわや工房では、はにわやら、かえるやら、いろいろなフィギュアを造っております。

はにわや工房作品はこちらでお買い求めいただけます。→はにわや工房ONLINE SHOP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はにわや工房BLOG
自作フィギュアの紹介・ベルツノガエル飼育日記など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルツノ2号の水槽
ベルツノ2号の水槽はこのようになりました。
2006_01140100.jpg

モス敷くだけのレイアウトでもシンプルでいいですね。
2006_01140103.jpg

ただかえるが目立たなくなりますが。


2006_01140096.jpg

1号水槽と2号水槽。
並べてみるといい感じ。

ちなみに1号は流木の隙間に入ったまま出てきてくれません。
居心地がいいのでしょうか…


水槽はホームセンターコー○ンで買った中国産激安水槽なんですが、安いだけあってガラスに白く汚れがついてなかなか取れません。
やはり安物はそれだけの理由があるのです。次買うときはちゃんとしたメーカーのを買おう…
スポンサーサイト
腰曲がり個体(2号)のその後
ちょっと今回は真面目な話。

先日無事手が生えたと報告した腰曲がり個体(2号と呼ぶことにします)ですが、
昨日(夜)の写真
2006_01140065.jpg


今日(朝)の写真
2006_01140092.jpg


一晩でしっぽがかなりなくなっているのも驚きですが、それよりもほとんど見た目問題なくカエルになっているという点が重要です。
飼育者としてみれば大変喜ばしいことではありますが、おたまの時の様子を見る限りではやはり背骨は曲がっているのではないかと思われます。(確かに尾の付け根で著しく曲がっていたので、それより上は問題なかった可能性はなきにしもあらずですが)


この個体は個人飼育個体ですので、問題ないですが、このような個体が販売ルートに乗ってしまう可能性はないのでしょうか?
優良ブリーダーならばこのような個体はきちんと選別するでしょうが、数百匹単位で飼育していれば見落としもあるでしょうし、悪いブリーダーなら見た目問題ないから売ってしまえという場合もあるでしょう。
最近流通しているCB個体のなかにはこのような背骨の奇形などは少なからずあると記述しているサイトもありました。(URL失念…すみません)
背骨のずれたカエルのレントゲン写真などをUPしているサイトなども見たことがあります。
ということは流通・販売されているカエルの中にこのような奇形個体が含まれている可能性はあるといえます。

このような奇形個体は大体短命に終わる可能性が高いと思います。
今は元気そうにみえても成長につれて問題がおきる可能性もあり、ベルツノガエルによくある突然死の原因の一つにこのような障害もあるのではないかと推測しています。


もしこの個体が販売用個体だったらどうですか?
同時期に上陸したかえる1号にくらべ体は大きいですし(1号は1円玉サイズ、2号は500円玉サイズ)、2号のほうが元気です。
2匹並んで売られていたら、私だったら大きい2号を選んでしまいそうです。
見た目にはほとんどわからないと思います。
そもそもそれほど多くの数を見比べる機会など普通はないですので、異常があったとしても気付かないのが現状ではないでしょうか。
特にこれから初めてベルツノガエルを飼育しようという人にそのような選別は不可能でしょう。
現状況では、信頼のおけるブリーダーの育てた個体を入手する以外に予防法はないのではないかと思います。
ではどうやって信頼のおけるブリーダーを見分けるのか…それはそれで難しい問題ではありますが…。
方法のひとつとして、「親の画像を見せて」と質問してみるのもいいかもしれません。きちんと管理しているブリーダーならその辺の記録もきちんとしているはず…でも聞いたことないから有効かどうか分かりませんが。
ベルツノ2号の水槽
ベルツノ2号用の水槽準備。
昨日は完成写真のみでしたので、今回はセット前の写真を…
2006_01140082.jpg

100均の透明ケースを下駄にしてアクリル板を乗せることで2階建て構造を作っています。
コの字型の仕切りを前面に設置することで砂を入れるスペースを確保します。普通に厚く底砂を敷いて底面濾過というのも可能ですが、その場合水量が減ってしまうのと、メンテが大変そうだという点を考慮してこのスタイルにしました。また、カエルが直接砂に触れないので、砂を飲み込んだりするトラブルを防ぐことができます。

上から見るとこんな感じ
2006_01140084.jpg

イーロカのL字パーツが足りなかったので家に余ってるパーツを使いました。(しかし、変にくねくねさせる必要は無く、普通に真上に伸ばせばよかったということにあとから気付く。)

右側面からの写真
2006_01140086.jpg

左の細いスペースのみに砂を入れます。
結構な水量を確保できるのがおわかりいただけると思います。
個人的には下駄の高さを大きく取りすぎたため、ちょっと見た目不恰好になってしまった点が残念です。水槽の半分近くが砂というのは見た目に違和感があります。
ケチって100均容器流用せずに下駄もアクリル板で自作すればよかったかな。

材料費は
アクリル板 400円程度
100均ケース 105円
イーロカ 900円くらい
1500円くらいですね。
まぁアクリルカッターや接着剤、電動ドリル、精密のこぎりなどの工具は家にあったものを使いましたので…それらを買い揃えると結構お金かかりますが…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。