プロフィール

takanori

Author:takanori
はにわや工房へようこそ!
はにわや工房では、はにわやら、かえるやら、いろいろなフィギュアを造っております。

はにわや工房作品はこちらでお買い求めいただけます。→はにわや工房ONLINE SHOP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はにわや工房BLOG
自作フィギュアの紹介・ベルツノガエル飼育日記など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画:ツノガエル根付を作ろう!!⑩根付紐のハナシ
根付紐ですが、実は売ってるところあんまり無いということが判明。
きちんと用意すればよかったですね。

手芸屋さんとかで売ってるはずなんですが、店によって種類が違ったりしてカエル根付に最適なものをゲットするのは困難なのではという問題が発覚しました。

私の使っているのはこんなの。
2006_02030050.jpg

片側が長くて5cm、反対2cmのやつです。
両方短いのもありますが、それだとつけにくかったりします。
特に携帯ストラップとして直接携帯につけるときは片側長いのじゃないと付けられません。
他のストラップにチャームとして付ける場合は両方短くても大丈夫です。

また、両方ひもではなく、片側ひも反対側金属の輪っかのもあります。
これでも付けられないことはないと思います。


スポンサーサイト
企画:ツノガエル根付を作ろう!!⑨いよいよ塗装 
そろそろ発送した未塗装かえる根付到着したころではないでしょうか。
それでは一緒に塗装してみましょう!


………と思ったら俺塗る分が無ぇじゃね~か!!
自分の分複製忘れてた…orz
あわてて今複製してます。ちゃんと計画しなきゃね。


というわけで、写真はないですが、簡単に説明しておきます。
といっても私自身素人ですので、もっと良いやり方があると思いますし、あまりこだわらなくても大丈夫です。参考程度に。

まず最初に、紙に絵を描いて模様の位置・大きさを確認します。
絵は実物大で書くといいでしょう。
下手でも関係ないので、模様の確認さえできればOKです。
デジカメで撮影して根付と同じサイズにしてプリントしたものでもいいと思います。
いきなり塗ると大抵失敗します。
ここでも計画が大事なのです。

どんなカンジで塗るか決まれば、いよいよ根付に塗装していきます。
塗装のやり方としては、ぬり絵のように塗り分ける方法と色を重ねていく方法の2種類あると思いますが、私は主に後者の方法で塗ってます。
別にどちらでもいいと思います。

では塗っていきます。まず前面に白を塗ります。
口の中も塗ります。紐をかける棒は塗っちゃうと格好悪いのであらかじめテープなどを貼って色がつかないようにするか、注意して塗らないようにするかしてください。
白く塗ったら乾燥させます。
ドライヤーをつかうと早く乾きます。あまりドライヤーを近付けしすぎると塗料があわあわになってアワワワ…な感じになりますので注意します。
ポイントはあまり厚塗りしないことです。薄く何度も塗ると綺麗にできると思います。

次は口の中を塗ります。白+赤でピンク色っぽい色を作って塗っていきます。水をちょい多めにするといい感じになるような気がします。
私的にはあんまりきっちり塗らないほうが感じ出るような気がしてますがこの辺はお好みで。多少口からはみ出しても大丈夫。塗り終わったら乾燥。

ここでクリアラッカー持ってる人は一度吹いておきます。
吹いておけば耐水性になるので、吹いた後で失敗しても水で拭き取れば吹いたときの状態まで戻せます。私は一色塗ったらラッカーを吹くようにしてます。ラッカーは臭いので外で塗りましょう。
無い場合はしっかり乾燥させましょう。

その次は黄色+白で黄色っぽい白を作ります。
で背中側と口の周り、指と胴の境目あたりに色をつけます。
指と胴の境目はなんとなく色がつけばいいので塗りすぎたらボロきれなんかでぼかしていきます。背中とおなかの境目もグラデーションぽくなるようにぼかしていきます。これは説明不能ですので、いろいろやってみてください。
口の周りも丁寧に塗っていきます。口の中のピンクがはみ出しているときは上から重ねて下の色が見えないようにします。ここで塗ったところが口の中と口の塗り分けラインになるのでしっかり丁寧に塗ります。

ラッカー持ってたらここで一吹き。以後一色塗るごとに吹きますので省略

次は緑です。
おなかと背中の境界が白→黄色→緑になるように塗っていきます。
結構濃い目に塗る必要がありますが、いきなり厚く塗るのではなく薄く何度も塗ります。緑→乾燥→緑→乾燥→緑→乾燥と気の済むまで塗ります。薄く塗った部分は下の黄色が透けて見え、厚く塗ったところは透けませんのでその辺考えて、背中側にいくほど緑が厚くなるように塗るといいです。

お次は茶色またはオレンジ色で背中の色が変わっているところを塗ります。
個体によってこの色は違いますし、色ののり方も違いますので、各自適当に。

例えば、左側の奴は茶色で背中の中心の緑を残して塗りましたが、右の方はオレンジでちょっと塗った程度です。
2006_02030049.jpg

実物はこんな感じです。
塗ったときよりも左のは肥大化してますが。
右のは塗ったときのモデルとは違う個体ですが似た感じの。
2006_02030015.jpg 2006_02030018.jpg


次はいよいよ模様です。
まず模様の部分を白く塗ります。
細かい作業になりますので大変です。
爪楊枝に絵の具つけてまず周りを縁取りしてから筆で塗りつぶすと上手くいくはず…

その次に先ほどの白の中に色を塗ります。
この色も個体差があると思います。黒っぽい茶色~茶色かな?
白の縁取りはちょい多めに残した方が色にメリハリついていいと思います。あまり実物みたいに縁取り少なくすると模様の印象が弱くなります。

で、最後に目玉を塗ります。
金色で塗ったあとに黒目。白でハイライトいれるとかわいくなります。
黒目まんまる大きめ+ハイライトだとかわいい系、
黒目横楕円+ハイライトなしだとふてぶてしい系になります。
私は後者のほうがベルツノらしくて好きです。

あとはお好みで細部を修正。
目と口の中にグロスバーニッシュで完成。
皮膚もつやつやにするなら全体に塗って完成です。



注意点としてはあんまりそっくりに塗るとなぜか根付単体でみるとベルツノっぽくなくなったりすることがあるので、ある程度はディフォルメして塗った方がよかったりします。この辺がセンスだったりするわけです。
あとは薄く何度も塗り重ねるということときちんと乾燥させるということ。この2点は重要です。

では頑張ってください。分からないことがあればメールかコメント欄に書いてください。分かる範囲で答えます。


失敗しても修正版無塗装根付販売予定ですので安心してください(笑)
販売版は手足と細かい部分作り直す予定デス。
新作
たまには企画以外の記事も書いておこうってことで、現在作成中の新作。
2006_02030048.jpg

はい。またベルツノです。
折角家にベルツノがいるんだから造りまくっておこうと。
大きさごとに成長日記的に造っていきますよ。
で、これは上陸してしっぽがなくなった頃のベビーです。
ちょろっとしっぽの名残があるのがかわええです。
ずっとこのサイズでいて欲しいのに、この時期は一瞬なんですよね。すぐに巨大化。
変態中のしっぽつきなんかも造ってたんですが、チョコQの変態中ベルと比べたら泣きそうになったのでお蔵入りです。もうちょっと腕が上がったら作りたいと思います。資料はたくさんあるしね。
そういえばおたまも造ってたんですがこっちはぜんぜんかわいくなくって放置中。おたま実物はキモかわいいのになぜか粘土だとそのかわいさが出なくてキモさ満開になってしまいます。

正面写真
2006_02030046.jpg

やっぱり手が難しい。
どうしても大きくなってしまい、その結果腕も太くなっちゃいます。
だれか造り方教えてくれ~

うしろから
2006_02030047.jpg

前肢が見えなければ上手いね。
やはり手が難所だわ。

大きさは3cm四方に丁度おさまるサイズ。
おもくそ小さく作ったつもりなのに別に普通サイズだわ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。