プロフィール

takanori

Author:takanori
はにわや工房へようこそ!
はにわや工房では、はにわやら、かえるやら、いろいろなフィギュアを造っております。

はにわや工房作品はこちらでお買い求めいただけます。→はにわや工房ONLINE SHOP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はにわや工房BLOG
自作フィギュアの紹介・ベルツノガエル飼育日記など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

染色その2
最近レジンを染めるという手法が面白いな~と思っていろいろ試しているというのは前回書いた通り。
それに関連してもうひとつネタを。

前から東急ハンズで見かけて気になってたやつがあるんです。

その名も…染めQ!!
なんか普通のスプレー塗料っぽいんですが、次世代ナノテク染色型塗料らしく、「塗るのではなく染める」というのが宣伝文句のようです。
主な用途は革製品の色替えなどのようですが、メーカーのサイトを見ると利用用途にちゃんと模型・フィギュアと書いてあります。
これって使えたらマスキングすりゃ普通のスプレー塗料みたいに細かい塗りわけも出来て、しかも剥がれない…最強じゃん!

というわけで買いました。
いるのかいらないのかよくわかりませんが専用プライマーも買いました。
で早速プシューっとな。
そしてしばらく放置。




はい、普通にこすれば剥がれます。
染まるというより塗るです。これは染めるとはいいませんね。
普通の塗料よりかは塗膜は強いような気がしますが。
なんだよ使えねぇな~。


ちなみに皮製品の色替えにはとても良い製品です。
っていうかさすがにレジンに使うのは無理があったということでしょうか。
スポンサーサイト
染色
最近レジンを染めるという手法が面白いな~と思っていろいろ試してます。
前にUPした更紗の金魚なんかは染色じゃないと出せない風合いがでていて面白いと思っています。とはいえ、まだまだ未知の手法なので問題も結構あったりするわけですが…。
一番の利点は塗装が剥げたりしないという点で、根付にはまさにうってつけなわけです。
ただ、単色でしか色がつけられず、細かい色付けは不可能なので使える場面も限られています。
もっとうまい使い方はないかと考えて思いついたのが、染めたレジンの上から普通に塗装するという方法。
それなら塗装が剥がれても下地自体が同系統色なので目立たないのではないかと。

というわけで日本雨蛙根付で試してみました。
こいつはもともと木の部分は茶色で染色してたのですが、今回はカエル部分も緑で染色。その後にプライマー吹いて塗装。
途中経過の写真は撮り忘れ(ダメダメですね)。
で、完成。
2006_08120040.jpg

左は一昨日のアマガエル。右が今日のアマガエル根付。
下地の色がライトグリーンのはずがくすんだ緑になってしまったため全体的に発色があまりよくありません。しかも効果があるのかどうかは塗装がはがれないと分からないわけですが、折角塗ったのをわざわざ剥がすのもどうかと思いますし…結局よくわかりません。が、おそらく白い下地よりは緑のほうがいくぶんマシでしょう。


ちなみに、現在私の携帯には雨蛙がついています。
2006_08120042.jpg

普通にジーパンのポケットに入れてますが、いまのところ特に色も剥げてません。

市販の携帯マスコットなんかでもそうですが、塗装が剥げたらその部分をクリアラッカーかマニキュアのトップコートなんかで覆ってやるととりあえずはそれ以上剥がれるのを防ぐことができます。一旦剥がれ出すとそこからどんどん剥がれていってしまいますので。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。