プロフィール

takanori

Author:takanori
はにわや工房へようこそ!
はにわや工房では、はにわやら、かえるやら、いろいろなフィギュアを造っております。

はにわや工房作品はこちらでお買い求めいただけます。→はにわや工房ONLINE SHOP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はにわや工房BLOG
自作フィギュアの紹介・ベルツノガエル飼育日記など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の摩耶山はどないでっか?
昨日6月28日くもり摩耶山に行ってきました。

いつもは一人で行くのですが今回は運動不足半ひきこもりのスカルチュラさんを無理矢理誘いました。たまにはさわやか登山もいいでしょ?でしょでしょ?
くわしくはスカルチュラさんのブログが上手くまとまってますのでそちらを見てください。


それで終わるのも何なので少しだけ撮った写真を。
実は先週も行ったんですがデジカメを家に忘れて写真撮れず、捲土重来を期した今回でしたが充電するの忘れて電池切れ。まったく自分の才能が恐ろしくなります。

モリアオ卵塊。
DSCF6186.jpg DSCF6188.jpg DSCF6189.jpg


下の池にはすでに孵化、成長したおたまが。
DSCF6187.jpg

モリアオおたまはやたら頻繁に息継ぎしに水面に上がってきます。


今回はすでに産卵シーズンも終盤で大人ガエルは見られませんでした。
先週行ったときは結構いたんですがねぇ…。
7~8センチクラスのカエルに出くわすとなかなかびっくりしますよ。
来年はもっとちゃんと観察会でも企画しようかしら。


山道にはこんなカエルがたくさんいます。
DSCF6196.jpg

長年こいつらのことをただのニホンアカガエルだと思ってたんですが、どうやらこれタゴガエルみたい。
両種は見た目ではほとんど判別不可なんですが今回見つけた子ガエルがやたら小さい(2ミリくらい。小さすぎ。)ことからおそらくタゴ。
スカルチュラさんが写真撮ってたので見たい人はそちらを参照ください。

ここでちょっと解説タゴガエル。
タゴってのは両棲類学者の田子先生に敬意を表して名付けられた名前です。誰かは良く知りません。偉い人みたいです。
本州・四国・九州とほぼどこにでもいるわりには山地の渓流に棲むためよく分かってないことが多いカエルです。
比較的大型の卵を産み、おたまじゃくしは卵黄の栄養分だけでカエルになっちゃいます。そのため乾燥さえしなければその辺のちょっとした湧き水で繁殖できてしまうんでしょう。おたま時代というのは一番天敵にやられやすい時期なので天敵の少ない場所で繁殖するというカエルの知恵なわけですな。
というわけで国産ガエルで上陸直後のサイズが小さいのはヒキガエルという認識は誤りでたぶんタゴガエルが最小なんでしょう。これ見たら他の子カエルは巨大に見えます。

個人的な意見ですが、Rana属のカエルはいろいろ飼育に不向きだったりしますので捕まえて持ち帰ってもだいたい死んじゃいますからキャッチ&リリース推奨しときます(本来ならキャッチも良くないんでしょうけどね。まあちょっとさわったくらいでは死にはしないでしょ)。



気になる自販機(現在は使用できません)
DSCF6207.jpg

DSCF6208.jpg

かみかみオレンジって何よっ!?
つぶつぶならわかるがかみかみって…
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takanori820820.blog36.fc2.com/tb.php/232-695dd3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。