プロフィール

takanori

Author:takanori
はにわや工房へようこそ!
はにわや工房では、はにわやら、かえるやら、いろいろなフィギュアを造っております。

はにわや工房作品はこちらでお買い求めいただけます。→はにわや工房ONLINE SHOP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はにわや工房BLOG
自作フィギュアの紹介・ベルツノガエル飼育日記など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立体チリモン図鑑 NO.4 ワレカラ
DSCF7192.jpg
海藻などにしがみついて生活している甲殻類の仲間。ちりめんじゃこに混入することは稀である。

かつては清少納言が枕草子で虫といえばスズムシやコオロギなどとならんでワレカラを挙げるほど人気のある生物であった。ワレカラという名は乾燥するとすぐに殻が割れてしまう=割殻からきているのだが、「自(われ)から」との掛詞となることから和歌などにも多く詠まれている。古今和歌集では藤原直子が「海人の刈る藻にすむ虫のわれからと音をこそ泣かめ世をばうらみじ」などと詠み、伊勢物語においても「恋ひわびぬ 海人の刈る藻に 宿るてふ われから身をも 砕きつるかな」という歌が登場する。いずれも恋の歌である。平安時代においてワレカラはロマンティックの代名詞といっても過言ではないくらいトレンディな生物だったのである。みんなこぞって自分をワレカラに例えたのである。
しかしながら時代を経るにしたがい、人々は次第にワレカラの存在感は薄れていく。
江戸時代になるともはや昔の書物にのみ存在する伝説の生物的扱いとなり、写実的で優れた図譜であると評価の高い「栗氏千虫譜」でおいてすらなんだかわけのわからない子供のラクガキみたいな姿で描かれている。他のページの力の入れ具合から考えてワレカラだけ手を抜くというのも考えにくい。写生のための資料だってちょっと海に行って海藻を拾えばワレカラなんていくらでも手に入るはずである。にもかかわらずそうしなかったというのは本当に完全にどんな生物か忘れ去られてしまっていたのであろう。なんという栄枯盛衰。

そんなワレカラではあるが、特徴的なのはその見た目のみならず、生態も興味深い点が多い。
おなかの袋で卵を孵化させ、生まれた子供の育児まで行うのである。たくさんの子ワレカラを体にくっつけた親ワレカラの姿はなんというかまあキモチワルイ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takanori820820.blog36.fc2.com/tb.php/315-bcb8eeb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。