プロフィール

takanori

Author:takanori
はにわや工房へようこそ!
はにわや工房では、はにわやら、かえるやら、いろいろなフィギュアを造っております。

はにわや工房作品はこちらでお買い求めいただけます。→はにわや工房ONLINE SHOP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はにわや工房BLOG
自作フィギュアの紹介・ベルツノガエル飼育日記など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエコマンション建設
かわいいコオロギの話題なので虫が嫌いな人は見ないように。
写真もあるので要注意。
かわいいイエコのためにマンションをつくってあげました。
マンションとはいっても鉢底ネットを結束バンドで組んだだけですが…。

横からの写真。
衣装ケース越しなので見にくいですが…
2006_03120025.jpg

とりあえず4階建てです。
もっと高くするつもりだったのですが、ちゃんとイエコが入れるかテストしようといれてみたらあっという間に大量の数のイエコが中に入ってしまったので出すの面倒くさくなって終了となりました。

ケージの表面積さえ増やせば飼育可能数は増えるのではないかと思いつくってみました。
表面積を増やすという意味では新聞紙を丸めたものでもいいのですが、新聞紙はイエコが食べてしまうので食べられないもののほうがいいと思います。
ただしあまりマンションを高く建設してしまうとふたを開けた時に脱走の可能性がありますのでほどほどに。
イエコの脱走だけは本当に気をつけなくてはいけません。
万が一野外に逃げてしまった場合、自然環境に与える影響はかなり大きいはずです。
イエコなんかが特定外来生物に指定されちゃったりしたらもう両爬飼育というホビーは終了してしまうといっても過言ではありませんので、これは本当に両爬飼育者の方々は気をつけて頂きたいです。
特にこいつらはどこにでも産卵しますので、イエコのケージに入れているものを捨てる時は殺虫剤をかけるなりしないと付着した卵が外で孵化なんてこともありえます。
新聞紙の隙間なんかにも産んだりしますし、使用している産卵床なんかを廃棄する時も充分注意が必要です。

…ありゃ、何かハナシが脱線気味。
しかしながら大事なコトですのでみなさまご注意ください。

上からの写真。
2006_03120027.jpg

デリカップは産卵床と餌入れです。
産卵床には熱帯魚用の目の細かい砂が余ってたのでそれ使いました。
なかなかいい感じなようで一晩でびっしり卵産んでました。
ある程度産卵させたら別の容器で保管したほうがいいかもしれない。
ケージ内は乾燥させたいのだが、産卵床は湿らせなくてはいけないので、むしろ産卵用ケージを別に用意したほうが…なんていいだすときりがないですな。


そういえば前に繁殖を試みた時の卵が孵化していました。
クワガタ飼育のセット使いましたがこれは失敗。孵化した幼虫を取り出すのが困難です。仕方ないのでこのまま育成です。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takanori820820.blog36.fc2.com/tb.php/78-81fdccaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。