プロフィール

takanori

Author:takanori
はにわや工房へようこそ!
はにわや工房では、はにわやら、かえるやら、いろいろなフィギュアを造っております。

はにわや工房作品はこちらでお買い求めいただけます。→はにわや工房ONLINE SHOP

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

はにわや工房BLOG
自作フィギュアの紹介・ベルツノガエル飼育日記など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルツノガエル飼育日記
ひさしぶりにベルツノ飼育日記らしきものを書いてみる。
ベルツノガエルは本当に手のかからないカエルで特筆すべきようなこともないのですが…
とりあえず今回はアクアテラリウムで飼育中のベルツノのその後。
2006_04040005.jpg 2006_04040006.jpg

普通に元気です。
当初心配していた泳げなくて溺死するのではという点については全く杞憂であったようです。
もちろん陸地に上がるための経路をいくつか用意するという点、入り込んで出れなくなる恐れのある形状のモノを水中に入れないなど考慮してやる点は多いですが…。

2006_04040008.jpg

たまに水の中でぷかぷかしてますが特に問題はなさげ。沈むことはないので呼吸できなくなることはないです。


ベルツノガエル飼育でアクアテラはタブーみたいなことをいう人もいますが、実際やってみて特に不都合は見受けられません。
雨季環境の再現と考えれば特に不自然なことでもないような気がします。
管理は圧倒的に楽になりますので(というより足し水程度しかしてません)、個人的にはおすすめです。

環境構築もイーロカ一個あればOKですので、お手軽です。
陸地部分は穴を開けたプラ容器に砂利いれてウィローモス乗せただけでできますし。
みなさまもアクアテラでカエル飼育、どうですか?(但し自己責任で…)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ベルツノガエルは普通はおぼれますよきをつけてください。でも生きているのには生命力の強さを感じます

【2008/11/26 20:29】 URL | 雷 #- [ 編集]


コメントありがとうございます。
返信が非常に遅くなり申し訳ありません~。

その後一年以上経過していますのでずいぶん成長したためレイアウトを変更したりはしていますが全く問題なく飼育できていますのでさほど溺死を心配する必要はないような気がします。それよりも温度の管理や換水が楽になるというメリットのほうが大きいと思っています。
もちろん他種のカエルにくらべ泳ぎはあまりうまくありませんし、手足に吸盤があるわけではないのでガラス面を登ったりできないのできちんと陸地部分に上がれるようにレイアウトには細心の注意を払うべきではあります。

ちなみに私から言わせると逆に世間一般で言われているようなスタンダードな飼育法、大して大きくも無いケージに少ない水量で飼育され、ロクに水質も調整せずにじゃばじゃば換水みたいな環境でも生きていることのほうが生命力の強さを感じますねぇ。
【2008/12/26 08:55】 URL | takanori #MMIYU.WA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takanori820820.blog36.fc2.com/tb.php/94-001003ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。